表現者一覧zero fighter blue shinning 2.png

crow 48 white.png







遺跡へ


neonsign.png











表現者一覧

都筑アートプロジェクトの展覧会やイベントには、数多くの表現者の方々が参加してくださいました。本当にありがとうございます。
いままでとこれからの活動を記録するため、表現者の氏名、URL、プロフィール、参加年などを、五十音順に掲載いたします。
みなさまの益々のご活躍をお祈りして、これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

あ〜お

青野 千穂 Chiho AONO/陶芸家 http://chiho-a.com/

1974 横浜生まれ
1997 多摩美術大学 絵画科油画専攻陶芸コース卒業
1999 多摩美術大学 大学院 絵画専攻 陶芸 修了
2008,9- Carlotte Wiesmann Studio (リンツ、オーストリア)にて制作(2011,11まで)
2009,10 Kunstuniversität Linz "Plastische Konzeptionen / Keramik"  大学院入学
2010,10 平成22年度 文化庁 新進芸術家海外留学制度にてオーストリアに滞在
2012,6 Kunstuniversität Linz "Plastische Konzeptionen / Keramik"  大学院修了

2010 平成22年度 文化庁 新進芸術家海外派遣制度派遣アーティスト
2005 第41回 神奈川県美術展・工芸部門 準大賞神奈川県民ギャラリー/横浜
2003 若き画家達からのメッセージ展 準大賞須藤美術館
1997 福沢一郎賞「卒業制作」

2006

朝岡 あかね Akane ASAOKA/現代美術作家、アートディレクター

ロンドン大学で美術を専攻後、フランス、グルノーブル高等美術学院にて修士課程を修了。欧州各地や国内で作品を発表。文化庁芸術家在外研修員として同時多発テロ直後の北米に滞在。2004年から2011年まで東京にてアートスペースREDCUBEを主宰。現・堺アルテポルト黄金芸術祭ディレクター。

1991 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ美術科 卒業
1993 フランス国立グルノーブル高等美術学院
2008 武蔵野大学人間関係学部心理学専攻
2002 TwilightVideo、 Roger Smith Gallaey (ニューヨーク)
    One of Thousands Nights,Triangle Artists Workshop (ニューヨーク)
2004 プラネタリウム☆ジャック、墨田区ユートリアスターガーデン (東京)

2010

浅見 和司 Kazushi ASAMI/デザイナー

1962 ブラジル、リオデジャネイロ生まれ
1986 中央大学理工学部精密機械工学科卒業
1988~89 桑沢デザイン研究所聴講生
2006[いのちを享けた金属たち-AIM制作造形群] ギャラリー山の手、札幌
2002 札幌JRタワーアート計画 彫刻「Legs”旅人の残像”」
2003 石狩市あじさい公園「シンボルサークル」
2004 株式会社ダイナックス創立30周年記念モニュメント「DYNAXMAN」
2009 越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭2009 彫刻「あかくらん」
2010 八王子市長池公園 浮島プロジェクト「浮浮*花花」

20112010

馬酔木 誠 Makoto ASEBI/陶芸家 https://www.instagram.com/asebimakoto/

あたたかな、やさしい器。アセビマコト(馬酔木誠)さんの器たち

20072006

阿部 剛士 Tsuyoshi ABE/建設技術者, 美術家

技術者を軸足に「都市」「庭園」「建築」「工業」の概念を、美術・工芸・文学の領域で「紡ぐ」作品を「模倣」と「みたて」の手法で製作しています。また、「廃材(もしくは使われた物)」や工業製品、そして植物を作品に組み入れています。

2009「BankART 大岡川桜プロジェクトⅡ」BankART/横浜
2010・2011「BankART AIR Program」BankART/横浜
2010~2013「都筑アートプロジェクト」都筑民家園/大塚・歳勝土遺跡/横浜市営地下鉄センター北駅高架下/横浜
2012~2014「新・港区 ハンマーヘッドスタジオ」入居。

20152013201220112010

arisaka_yokohama.JPG有坂 蓉子 Yoko ARISAKA/美術家 http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/

東京藝術大学絵画科油画専攻卒業。
12年の米国滞在期間を含め、個展、グループ展、音楽やダンスとのコラボレーションなど多数。セントラルパークでは、寝袋パフォーマンス「Body Bags」(前身はヒロシマでのダイ・イン)を行なう。帰国後は、江戸時代より関東一円に流行した人工ミニチュア富士、「富士塚」をテーマにした作品を制作。信仰心(富士山信仰)の送信所でありながらアーティスティックな富士塚を紹介すべく、2008年『ご近所富士山の「謎」富士塚御利益散策ガイド』、2012年『富士塚ゆる散歩 古くて新しいお江戸パワースポット』を刊行(いずれも講談社)。都筑では、インスタレーション「メタル富士」や区内富士塚巡りのガイドを務めた。

池辺富士 web.png201820152014

アラゲホンジ Aragehonnji http://aragehonzi.com/index.html

2007年2月結成。東北地方を中心とした日本のお祭り音楽と世界中のポップスを掛け合わせた未来型お祭りロックバンド。
「秋田音頭」「秋田萬歳」「可愛がらんせ」などの民謡を現代版にアップデートし、恒例の「リンゴ追分」 では会場が一体となる、まさに新時代のグローカルビートを各地で展開中。2010年 FUJI ROCK FESTIVAL'10「ROOKIE A GO-GO」出演、2011年7月 ファーストアルバム発売。2012年には大石始監修のコンピレーションアルバム「DISCOVER NEW JAPAN 民謡ニューウェーブ Vol.1」へ参加し、各メディアからの注目を集める。

20152009

五十嵐 美智子 Michiko IGARASHI

東京都出身。専門学校桑沢デザイン研究所卒業。    
徳島にて和紙について学ぶ。世田谷和紙造形大学にて和紙造形について学ぶ。
自ら紙を漉き造る平面的な造形作品や、オリジナルペーパーでの灯りに仕立てた作品等を制作。
各地での個展、異素材の作家との2人展やグループ展のほかに、雅楽演奏や舞、平家物語の語りとのコラボレーション、NPO 法人グラン・ル-ヴル・オ・ジャポン主催パーティーをはじめ、モデルハウスでのプレゼンテーション等様々な場所で作品が使用されている。

1998~ IAPMAやクラフトイベントなどに参加
2000.12. "PAPER ART - TESUKI - "
2001.5. "PAPER WORKS"
2002.4. 個展 ' water marks '
2007.10.   横浜市都筑民家園 'アートde 茶室' にて、作品 " floating yard " 展示

2007

石田 泰道 Taido ISHIDA http://taido-ishida.boo.jp/index.html_http://www.ne.jp/asahi/taido/artworks/index.html

1968 山梨県甲府市生まれ。
1993 筑波大学大学院芸術研究科修了、曹洞宗大本山総持寺にて修行。
現在 行動美術協会会員、山梨美術協会会員。
アートは時空を超えた存在です。今回の遺跡公園内に突如として現れた紡錘の物体は、過去の産物か、はたまた未来からの飛来物なのか?何時の時代であっても、夢や「祈り」の感情は人間の原点です。

2005〜2006 プロジェクト「円環へー漂流するもの」関東近県巡回
2006「AOE 我孫子野外美術展」千葉県我孫子
2007「CAF・N-CONTEMPORARY ART FESTIVAL NEBULA」埼玉県立近代美術館
2008「feel 清里現代彫刻展」清里フォトアートミュージアム/山梨県清里
2009「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」新潟県十日町市浦田
2009〜2010 プロジェクト個展「円環―命脈」フォッサマグナエリア本州往還1000㎞
2010「IOE国際野外の表現展2010比企」東京電気大学/埼玉県東松山
2011「zone 秘―境」談是芸術空間/上海/中国
2012「神に捧げる芸術祭」酒折宮1900年大祭 酒折宮/山梨県甲府
2013「烏江縁29+1:中日視覚芸術交流展2013貴阳展」219芸術空間/貴阳/中国
2014 プロジェクト「祈りー阿武隈2013〜2014」福島/宮城

2015

伊藤 岳 Takeshi ITO

1976年 秋田県生まれ
2001年 東京ガラス工芸研究所基礎科 修了
2004年 「Golden House」(アムステルダム、オランダ)
     GERRIT RIETVELD ACADEMI(アムステルダム、オランダ)卒業

2003年 「Expo de Escultura em Vidro」(カルダスダラインハ/ポルトガル)
     「Histric Light」(ホーン/オランダ)
2006年 「カタマリガラス@湯島聖堂」(湯島聖堂/東京)
2007年 「From Japan‐和‐wa」(アントープ/ベルギー)
2008年 「Glastout」(レアー/ベルギー)
     「GLASPLASTIK UND GARTEN」(ムンスター/ドイツ)
     「contemporary Japanese Glass」(Glazen huis/ベルギー)
     「ニュータウン☆パラダイス」(都筑民家園/横浜)
     アーティスト・イン・レジデンス(Glazen huis/ベルギー)

2008

写真 (48).jpg今井 紀彰 Noriaki IMAI/写真家 http://imainoriaki.sakura.ne.jp/

石川県金沢市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。すでに滅び世界各地で語り継がれる動物たちをモチーフにした、写真による巨大なコラージュ作品のほか、写真の可能性を探るさまざまな造形作品を制作している。

2001「キヤノン写真新世紀」優秀賞、「第5回岡本太郎記念現代芸術大賞」準大賞
2008「TARO賞の作家展1」岡本太郎美術館
2010「六甲ミーツ・アート芸術散歩2010」六甲山カンツリーハウス
2009~2012「都筑アートプロジェクト」等の展覧会に参加。

rekishi2 120 web blue dark.png20182015201420132012201120102009

Wayne Andrew Crothers ウェイン・アンドリュー・クロザーズ

2006

上野 雄次 Yuji UENO/華道家、アーティスト http://ugueno.com/_https://www.instagram.com/ug_ueno/?hl=ja

1967年京都府生まれ、東京都在住。
1986年、勅使河原宏の前衛的ないけばな作品に触れ、花道を志す。
2004年より日本式の花いけの教授活動を始める。「いけばな」と世界中の花いけの共通点を追求しながら、「美しい花を生けることとは、いい花を生けることとは」について伝え続けている。
2005年より「はないけ」のライブ・パフォーマンスを開始。観客の前で生け花を競うライブパフォーマンス、「闘う花会」を主宰。バリ島、タイなどでも創作活動を行い、工芸家や音楽家らとのコラボレーションも多い。芸術祭では、「いける」ことの本質を固持しながらも、3Dプリンタなどの最新技術を取り入れた新しい表現を試みる。

2009

プロフィール写真.jpg襟草 丁 ERIKUSA Tei/表現家, アーティスト https://www.instagram.com/tei_erikusa

和紙、ペン、顔彩、糸などによる平面作品。
表現としての料理。インスタレーション。

2017年「鳥獣らくご」ランチパッドギャラリー, 横浜
2016年「木津川アート2016」京都
2016年「天文学の中には文学がかくれている」ランチパッドギャラリー
2016年「池袋アートギャザリング2016」東京芸術劇場ギャラリー
2015年「都筑アートプロジェクト2015ニュータウン♡ゴースト~遺跡とアート」大塚・歳勝土遺跡公園, 横浜市歴史博物館, 横浜市営地下鉄グリーンライン「センター北」駅
2015年「ポコラート全国公募展vol.5」アーツ千代田3331
2015年「池袋アートギャザリング2015」リビエラカフェ
2015年「ヨルピク」三鷹市星と森と絵本の家
2014年「都筑アートプロジェクト2014ニュータウン遺跡ハウス」
2014年「みなとメディアミュージアム2014」みなとカフェ, ひたちなか
2014年「旬果旬菜」ランチパッドカフェ&ギャラリー
2013年「ISON(アイソン)」ランチパッドカフェ&ギャラリー
2013年「むかしからの友だちみたいに」三鷹市星と森と絵本の家

egg.png201820152014

大塩 紗永 Sae OSHIO http://www.saeoshio.net/

1973年 東京生まれ 現在東京で活動
1997年 多摩美術大学絵画科版画専攻卒業・多摩美術大学大学院美術研究科入学
1999年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
2002年〜2006年3月 多摩美術大学版画研究室助手
2007年 平成18年度文化庁新芸術家国内研修員
2007年 イギリス、ドイツにて研修 The Daiwa Anglo-Japanese Foundation
現在、日本版画協会会員、東北芸術工科大学 非常勤講師、多摩美術大学 生涯学習講師、桜美林大学 非常勤講師

2009

大谷 俊一 Shunichi OHTANI http://1301archives.artmimasaka.jp/otani-works.html

1965 東京都生まれ
1992 多摩美術大学大学院美術研究科修了

2001 「島根プラン 2001」/ 草花舎 / 益田市 / 島根
2004 「来し方 行く先 from there from here」/ FADsアートスペー ス / 東京
2006 「From The Same Place」/ 金沢市民芸術村 / 石川
2007 「銀座 5 - 8 -17 / 来し方行く先」/ ギャラリーなつか, cross/東京 「6 - 9 - 5 GINZA / from There from Here」/ ギンザ・コマツ1Fアートスペース / 東京2009 「祖父母の町…津山プラン Re - Exhibition 2009」/ 城東むかし町家 / 津山市 / 岡山

2004-2005 「越後妻有アートトリエンナーレ」関連の震災復興支援活動, ワークショップなどの活動 / 新潟
2006 「越後妻有アートトリエンナーレ 2006」/ 新潟 「Ono Art Style」/ 金沢市大野町 / 石川
2009 「越後妻有アートトリエンナーレ 2009」/ 新潟 「都筑アートプロジェクト 2009 / ニュータウンピクニック遺跡をめぐるアート」/ 横浜

201120102009

大成 哲 TETS OHNARI http://www.tetsohnari.com/

1980年 東京都生まれ
2004年 日本大学芸術学部卒業   
2005年 プラハ美術アカデミー留学
2008年 東京藝術大学大学院修士課程修了

2009

顔写真.jpg岡 典明 Noriaki OKA/美術家 https://www.arts-by-artists.com/noriaki-oka

2010年より出品作家・実行委員として都筑アートプロジェクトに参加。ワークショップなども実施する。赤い家では、時間、空間、土地、人に潜む不可視な繋がりを、イベントやワークショップ、古本、雑貨の販売を通して探る予定。大人を対象にした造形教室や親子講座の開設。子どもだけのフリースペース。川沿いベンチ設置計画、 デッキ前花壇計画、壁画計画、川流し計画、作業場屋根計画ほか思考中。

1964 横浜生まれ。1990 多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了。 日本ブルーノ・ムナーリ研究会会員
2010~15 都筑アートプロジェクト/大塚・歳勝土遺跡、都筑民家園、 センター北駅高架下(神奈川)
2013,15~17 「横浜の森美術展」/創造と森の声(神奈川)
2015,17 会社まるごとギャラリー 「記憶と記録」/山陽印刷株式会社、山装(神奈川)
2016 「ぼくの家・わたしの家」/Artsea gallery(神奈川)
2017 「花咲く丘に涙して」/S.A.L gallery(宮崎)

oka.png2018201520142013201220112010

小笠原 森 Shin OGASAWARA http://www.ogasawarashin.net/top.html_http://www.studio-stick.jp/home.html

1978  東京都生まれ
1999  多摩美術大学 工芸学科 陶プログラム入学
2003  多摩美術大学 大学院美術研究科 工芸入学
2005  多摩美術大学 大学院美術研究科 工芸修了
     同大学 工芸学科 陶研究室勤務(2009まで)
2009〜 自宅・スタジオ兼ギャラリーの「Studio Stick」を立ち上げ制作活動

やきもの・粘土の性質を受け入れることによって見えてくる、方法や成り立ち—それらを表現の可能性として、形を考えます。

2006  中村錦平プロデュース〈クレイコネクションbyフリーター〉展/ スパイラルガーデン(青山)
2007  小笠原森展/ トキ アートスペース(外苑前) 2007  第43回神奈川県美術展/ 神奈川県民ホール・厚木文化会館(横浜・厚木)
2008  小笠原森展  第43回神奈川県美術展 大賞受賞作家展/ 神奈川県民ホール(横浜)
2008  中村錦平さんのねんどやきもの劇場 4人のホープ+船橋の子どもたち/ アンデルセン公園 こども美術館(船橋)
2008  小笠原森展/ メタルアートミュージアム(印旛)
2009  フダン_アート/ RISE GALLERY(碑文谷) 2009  小笠原森展 / トキ アートスペース(外苑前)
2009  小笠原森展/ ギャラリー風草(印旛)
2010  第1回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 工芸的ネットワーキング / 金沢21世紀美術館(金沢)

20112010

岡本 敦生 Atsuo OKAMOTO/彫刻家 http://www.atsuo-okamoto.com/

1951 広島市に生まれる
1977 多摩美術大学大学院彫刻科修了
1978 KUU 結成

1989 第2回朝倉文夫賞受賞
1994 第12回ヒロシマアートグランド/ヒロシマ国際文化財団美術奨励賞受賞
1996 第27回中原悌二郎賞優秀賞受賞
1997 第24回長野市野外彫刻賞受賞
1999 TUES賞を受賞/美ケ原高原美術館(長野)
2002 「東日本-彫刻」展・ステーションギャラリー大賞

20092008

小川 恵美 Megumi OGAWA/陶芸家

1996 多摩美術大学絵画科油画専攻陶芸コース卒業
1998 同大学大学院修了

1997 長三賞陶芸展
2000 三島大通り商店街「しょうばいおじゃま展」
2003 トキ・アートスペース「いただきます」個展
2004 ギャラリー二葉個展

2006

奥野 美果 Mica OKUNO http://www.micaglass.com/

1987年多摩美術大学立体デザイン科ガラス専攻卒業
1987~1990年 株式会社クシュカ デザイナー
1991~1994年 オランダ留学, オランダ政府奨学金給付を受ける
         リートフェルト・アカデミー ガラス科卒業
1996年~ 青山学院高等部芸術科非常勤講師
1997年~02  彩グラススタジオキャスト講座講師
1998~2005年 多摩美術大学美術学部工芸学科非常勤講師(東京)
2001年6月 デモンストレーション(G.A.S.カンファレンス、コーニングNY)
2002年5月 ワークショップ講師(シェリダン・カレッジ、カナダ)
2003年5月 ワークショップ講師(バラーシャLad. ポルトガル)
2003年12月 特別講師(武蔵野美術大学)
2004年5月 特別講師(金沢卯辰山工芸工房、金沢)
2004年12~1月 集中講義講師(東京芸術大学)
2006年12~1月 集中講義講師(東京芸術大学)
2007年〜 非常勤講師(文星芸術大学、宇都宮)
2008年 特別講師(台湾国立芸術大学、台北、台湾)
2009年 ワークショップ講師 (平塚美術館)
2009年 ワークショップ講師(市民のアトリエ横浜美術館)
2010年 子供のアトリエSalon de andy-z 講師
2010年〜 子供のアトリエSalon de andy-z 夏の講座講師
2011年 レクチャー(プラハ美術工芸大学、チェコ)   
2012年 ワークショップ講師 (市民のアトリエ横浜美術館)

20092008

Chieko Ozawa.JPG小沢智恵子 Chieko OZAWA/アーティスト http://r.goope.jp/res-rara

新潟県生まれ。幼い頃から書家弦巻松蔭に習い、それが美術全般に眼を開くきっかけとなる。2000年、英国留学中、羊毛という素材に出会い、素材から命を感じるようになり、帰国後、絵画と羊毛を使った立体アートの制作をしている。2003年、埼玉から足利市に移住。埼玉で始まった「コン展」は18年継続し、会場が足利に移って5年、古民家を会場にしたアートイベントとして定着し、毎年出品している。

2000年-2006年 モダンアート展
2003年-2018年グループコン展
個展、グループ展多数

image.JPG2018

小田 恵理子 eriko ODA

1976年  広島県生まれ
2001年  多摩美術大学日本画科卒業
2003年  多摩美術大学大学院美術研究科修了

2001年  アートギャラリー環(日本橋)
2002年  アートギャラリー環
2004年  アートスペース羅針盤(東京)
2005年  アートギャラリー環

2001年  「第11回臥龍桜日本画大賞」展/「第5回川の絵画全国公募」展/「第1回佐藤太清賞公募美術」展 
2002年  「環展2002Part1-日本画による」 アートギャラリー環(東京)/「第1回ふるえる3人」O美術館(東京)
2003年  「RIKURI 多摩美術大学大学院日本画修了制作」目黒区民美術館ギャラリー (東京)/「ミサワホーム美術」/「平和へのメッセージ」 佐藤美術館 (東京)/「環展-ひとのかたち-裸婦五態」アートギャラリー環/「第2回ふるえる3人」アートスペース羅針盤(東京)
2004年  「環展・情と感と知と夢とPart2」アートギャラリー環

2008

小野崎 映 Aki ONOZAKI/造形作家 http://soraguma.net/

ガラス、粘土、布、Papel Maché(パペルマチェ)など様々な素材を使い表現活動を続ける。Gavin Heath Glass Studio でのアシスタント。2007年メキシコにてLeonardo Linares(Taller Linares)に師事。 A Love Movement(ALM)とのコラボレーションや、mina perhonen(ミナ・ペルフォネン)にて展示。Glasmuseet Ebeltoft(デンマーク)のコレクションとして作品を貸し出し中。

2011

小山 祥吾 Shogo OYAMA http://shogo-oyama.com/

1977 横浜生まれ
2004 多摩美術大学大学院美術研究科工芸専攻修士課程修了

2001 第37回神奈川県美術展(以後、3回) 神奈川県民ホールギャラリー/神奈川
2001 小山祥吾展 -皮相- exhibit LIVE&Moris/東京 銀座
2008 皮相 小山祥吾展 ギャラリー四門/横浜
2009 都筑アートプロジェクト ニュータウンピクニック-遺跡をめぐるアート- 大塚・歳勝土遺跡公園、横浜市歴史博物館、都筑民家園 /横浜 
2009 -11の形-展 横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜
2010 -2010明けの明星 展- exhibit LIVE&Moris/東京 銀座 

2010200920082007

美術教室オリーブ Olive http://www.geocities.jp/centerkitaolive/

大迫 健 Takeshi Oosako/美術教室オリーブ代表
小澤 節子 Setusko Ozawa/美術教室オリーブ講師

2014ニュータウン遺跡ハウス 座談会

か〜こ

開発 好明 Yoshiaki KAIHATSU http://www.yoshiakikaihatsu.com/

1966年 山梨生まれ
1991年 多摩美術大学 美術学部絵画科油画専攻 卒業
1993年 多摩美術大学大学院 美術研究科修士課程 修了

2009年
「FIFTEEN exhibition Miami」 Edge Zones (マイアミ、アメリカ)
「EIGHTEEN exhibition Me´xico」Centro de las Artes de Guanajuato(メキシコ)
「Cut & Paste」 Galleri Susanne Ottesen (デンマーク、コペンハーゲン)
「六本木アートナイト」六本木ヒルズル周辺(東京)
「 越後妻有 大地の芸術祭2009」 (新潟)
「水都大阪2009展」大阪市北区中之島公園(大阪)
「REGREEN ARTS 風の谷へ」REGREEN BASE(山梨)
「自宅から美術館へ」田中恒子コレクション展 和歌山県立近代美術館(和歌山)
「うちに持って帰ろう!映像アンデパンダン展」BankART Studio NYK (神奈川)
「都筑アートプロジェクト2009」都筑民家園 (神奈川)
「トロールの森2009」善福寺公園(東京)

2009

柏木 かおり Kaori KASHIWAGI/写真家 http://zebby.exblog.jp/

横浜市青葉区在住。
ひとと写真の話をしていて「もっと自然を撮れば」と言われた。「人と自然とかさ」と。
しかし、今回のテーマは「くまとニュータウン」。真逆だ!

2011年8月 二子玉川ライズS・Cガレリアにて、東日本大震災復興支援チャリティイベントで被災地写真展示
2011年10月~ ライブハウス下北沢ガレージにて、音楽と映像・写真のコラボイベント「音楽の絵葉書」 に参加
2012年1月 ギャラリー檜plusにて写真個展

20132012

RIMG0119.JPG金井 聰和 Toshikazu KANAI/美術家

1966川崎市生まれ。1990多摩美術大学絵画科陶コース卒業。1993~1998南インド チェンナイで制作、発表。現地のアーティストと交流を深める。
1999~横浜で主にやきものを使った作品の制作をはじめる。以後都内横浜市内各地で個展。2012年より「裸の家」シリーズ始まる。
2003年札幌駅JR タワーアート計画「花降る石」設置。
2006年から2015年まで港北ニュータウンにある遺跡公園での展覧会の企画運営に携わる。
2008年「ニュータウン☆パラダイス~遺跡とマンションの間で~」、2009年「ニュータウンピクニック 遺跡をめぐるアート」、2013「ニュータウン幻想動物園」、2015「ニュータウン♡ゴースト」など多数。

kanai.png20182015201420132012201120102009200820072006

川口 朋美 Tomomi KAWAGUCHI

1979年名古屋市立工芸高等学校デザイン科卒。
2011年ハウスクエア横浜にて個展「short story」を開催。
美術館の鑑賞やワークショップなどを通じて「人」と「アート」をつなぐサポーター。大人、こども、障碍の有無に関わらず様々な人が自由なアート表現に触れて新しい発見をしたり、ワークショップなどでの制作を通じて自由な表現活動を体験をする手伝いをしています。自身の個人活動としては「版」を用いた平面作品を制作。

タナカフェ201520142013

北村 直子 Naoko KITAMURA/グラフィックデザイナー、イラストレーター

井の頭自然文化園 教育普及係

2007

鬼頭 明稚 Akimasa KITO http://home.a07.itscom.net/kito/index.html

1964 愛知県生まれ
1989 多摩美術大学大学院美術研究科修了
現在 日本美術家連盟会員

2001 第一回トーキョーワンダーウォール審査員長賞
2003 NICAF(東京国際フォーラム)
2006 福島現代美術ビエンナーレ
2009 「ニュータウンピクニック」展
2010 トーキョーワンダーウォール2000-2009 十年!(東京都現代美術館)

201020092008

きゃねこ Kyaneko http://www.kyaneco.com/

動物をつくるひと。ねんどをこねくりまわして実在する動物、架空の生き物を作り出す。
個展、グループ展、舞台美術、その他、都内を中心に活動中。

笑ってもらえるように、元気になるように、みる人の中にあったかくてほっこりする気持ちつくり出すこと。そんなことを目標につくっています。

2013

金 鉉淑 Kim Hyunsuk/陶芸家 http://www.amabiki.org/cn2/cn5/pg294308.html

1967 韓国PUSAN生まれ
1992 ソウル 弘益大学校 美術大学 陶芸科 卒業
1996 多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了

1995 ルナミ画廊(東京)
1996 Asian Wing Morphe'96/原宿Quest Hall(東京)
1996 世田谷美術館(東京)
2000 ギャラリー手(東京)
2001 ギャラリー ル デコ(東京)
2002 伊勢丹百貨店及び立川駅前(立川国際芸術祭「GENE:都市の遺伝子」)(東京)
2004 ギャラリー遊工房(東京)

1993 国際丹南 Art Festival '93武生(福井)
    第21回 記念展長三賞陶芸展/愛知県美術館、常滑市民館(名古屋)
1994 サントリー美術館大賞`95-挑むかたち-/サントリ-美術館(東京)
1995 EAST-WEST Ceramic Collaboration/現代美術館及びハワイ大学美術館(Hawaii)
1999 Ceramic Art 展/Gallery in the blue(宇都宮)
2000 「セラミック フォ-レスト-陶の森」/パルテノン多摩(東京)
2001 World Ceramic Exposition 2001 Korea/Ichon World Ceramic Center(Korea)
   「在」する感性(1999~)/横浜市民ギャラリ-・Gallery Q(東京)
2002 菜の花里美発見展<アートユニバーシアード>/千葉ニュータウン(千葉)
   「Areum」展/京都美術館(京都)
2003 第5回 雨引の里と彫刻/大和村(茨城)
2004 拡兆する美術/つくば美術館(茨城)
    トロールの森(2003~)/杉並区善福寺公園(東京)
    8th Suwon 芸術文化祭/Suwoon, Chang HanPark(Korea)

2006

金 正和 Kim Junghwa/建築家 http://www.uitec.jeed.or.jp/schoolguide/teacher/00128.html

職業能力開発総合大学 准教授
一級建築士 ・登録ランドスケープアーキテクト(RLA)

2006

guse ars グセアルス/アーティストユニット http://guse-ars.com/

2010年結成。村橋貴博・岩瀬敬美の2人組からなるアートプロジェクト。海や川に漂着する陶片を拾い集め、それを元に作品制作、個展発表を続ける。自身で制作した本やカードなどを各地のブックショップで販売しているほか、グラフィック、ディスプレイなどのデザインも行なう。2015年10月より岐阜県多治見市で展覧会開催予定。

2010「washed pattern:L」utrecht now idea/東京
2011「Looks Pattern」(Takahiro Murahashi) A.K labo/東京
2012「washed pattern “shida”」書肆サイコロ/東京
2013「SWIMMING SEEDS」OPTRICO 青山/東京
2014「snow greeting card & book fair」SUNNY BOY BOOKS/東京、「2014 to 3719」circle gallery & books/東京、「green fragment」ON READING/名古屋、「filament」coffee caraway/東京

2015

Grimm Twins グリム・トゥインズ/アーティストユニット http://grimmtwins.weebly.com/

バルバラ・ラーキと牧田あゆみによるアーティスト・ユニット。2011年結成。イタリア・日本を中心に展覧会、インスタレーション、書籍出版、アニメーション、ワークショップ、舞台芸術等、総合的な文化活動を展開。2015年7月よりシエナ子供のためのアート美術館にて展覧会開催中、同9月にはMilano EXPO & ミラノ図書館協会のプロジェクト“SeminareunLibro(本の種をまく)”にてアーティストブック展覧会に参加。

Barbara Lachi バルバラ・ラーキ/デザイナー、イラストレーター

イタリア・アレッツォ出身。ガラス器メーカ I.V.V. にてインダストリアル・デザイナーとして働いたのち、子供服ブランド「misspois」を立 ち上げ企画デザイナーとして活躍中。Pitti Bimbo 2012「 Whoison next? / Bimbo」入賞、Bubble 2013「Rising Star」入賞。

牧田 あゆみ Ayumi MAKITA/イラストレーター、空間演出・舞台美術家

1994年よりイタリア在住。イラスト、インスタレーション、 舞台美術・衣装、ワークショップ等多岐にわたりアーティスト活動を行っている。数々の国際イラストコンクール入賞、ボローニャ国際原画展入賞、トリノ「Accademia Culturale PICTOR」入賞、パドヴァ「Scarpetta d’Oro」最優秀賞受賞。

2015

ブラジル カポエイラ協会 コハダン•ジ•コンタス Associação de Capoeira Cordão de Contas http://accc-jp.org/

2014

コレイ Korei
dos! calaveras! コレイ・ミカ

横浜市鶴見区生まれ。横浜市内を転々とし、現在緑区在住。輸入雑貨屋にてアクセサリーの買い付け・企画などを担当。世界の風習に興味を持ち、dos calaveras!というユニットでメキシコの「死者の日」やペルーの「レタブロ」などモチーフに作品を制作。また観光地に置いてある「顔ハメパネル」が好きなので、たまに制作している。

20152014

さ〜そ

齋藤 敏寿 Toshiju SAITO/陶芸家

筑波大学 芸術系 准教授

2009

斉藤 典子 Noriko SAITO/鍛金彫刻家

2008

斎藤 正人 Masato SAITO/陶芸家

20112008

酒井 れん Ren SAKAI

明治大学農学部生命科学科 2011年3月卒業。
生命とはなにか。果てしなく、らせんをまわり続け、紡いできた。 いずれ何もかも無くなってしまうのなら、『今』にどんな意味があるのか。 意味とはなにか。いや、それを考える価値はあるのか。 価値とはなにか。なぜ、美しく感じるのか。今あるこの価値観はどこから来たのか。 なぜ、なぜ、なぜ… ちっぽけな思考をたどり、壮大な脳の中を遊泳する毎日を送っています。

2010

080f0d_cae1c15b51cf411298f301fed1aa9e3c.jpg_srb_p_981_652_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb.jpeg坂上克弘 Katsuhiro SAKAGAMI/考古学者





2014ニュータウン遺跡ハウス 座談会

塩澤 宏信 Hironobu SHIOZAWA http://homepage3.nifty.com/shiozawa-hironobu/yan_ze_hong_xinHP/yan_ze_hong_xin_gong_zuonoto.html

なぜ手でそれを作るのか、自分にしか作れないモノはなにかを自問自答しながら作っている。
そして作品の展開される「場所」には歴史や意味があり、どの様な人がそこを訪れるかを想像し平易な表現を心がけています。
里山から人がいなくなれば、野生動物は人の住むエリアに浸透し、また人に飼育されていた動物はやがて野生化し、ときには交雑が起こり生態系は混沌としてきます。大切なのはそれぞれの動物には魂が宿り、“心”があるということです。

1962 東京に生まれる
1987 多摩美術大学絵画科油画科陶芸教室卒業
1988 多摩美術大学絵画科油画科研究生終了

1996 「イサナノフネ95」(岐阜県瑞浪市民体育館設置)
2001 第2回大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2003アイディアコンペティション最優秀賞
2003 「翼/飛行演習装置」(新潟県・犬伏/屋外設置)
2004 「虚実の壁」 タイル制作(北京)
2006 「イナゴハビタンボ」(新潟県・犬伏/屋外設置)

2013

塩谷 良太 Ryota SHIOYA/陶芸家 http://www.shioya-ryota.com/

20092007

しでかすおともだち She de cusu oh chee! ~Oh chee is always beside you.~/ダンサー・振付家 http://ohchee.rakurakuhp.net/

小林由佳と複数のアーティストが集まって結成された、世界初のきぐるみアイドルユニット
メンバーは多分猫のタブネイ、兎かな?のウーシャカ、きっと羊のキットヒ、恐らく鳩のオシュハ、カメレオンみたいカーミーなど。
ダンス、小芝居、映像、おもてなし、愛嬌をウリに、世界に二つと無いきぐるみを身に纏い出没しては、
驚かせ、楽しませ、癒し、各地に愛と恐怖の織り成す魅惑の世界を撒き散らす。
きぐるみデザインは美術家・安部泰輔。
取手アートプロジェクト(2007)、黄金町バザール(2008)、水都大阪(2009)、大道芸ワールドカップ(2010)、こどもぎゃらりい(2011)、会津・漆の芸術祭(2011)など全国各地に出没。様々な出没形態で世間を楽しませている。

20132012

柴田 芳作 Ho-saku SHIBATA/彫刻家 http://www.deepshape.org/

201020092008

嶋田 勇介 Yusuke SHIMADA/舞踏家

多摩美術大学大学院美術研究科修了。在学中より舞踏を始め、現在は長者町アートプラネット(CHAP)を拠点に活動中。丸山純子パフォーマンス(横浜MOON HOUSE)、白井美穂映像作品「Unknown Binding」に出演。横浜長者町における劇場空間の創造を目指す「空宇宙室」を毎月開催している。

2012

嶋田勇介 + 伊佐千明 + 齋藤浩太 Yusuke SHIMADA + Chiaki ISA + Kota SAITO

2014

須佐美 彩 Aya SUSAMI

1989年 東京都八王子市に生まれる。
2012年 多摩美術大学美術学部 彫刻学科卒業。
2014年 多摩美術大学大学院美術研究科 彫刻専攻修了。

2009年「木との語らい展」聖路加国際病院/東京
2010年 アートプログラム青梅2010「リフレクション–余白との対峙」青梅市街/東京
2012年「ぞっこんの法則」アートラボはしもと/神奈川
2013年「スカルプチャー」多摩美術大学彫刻棟ギャラリー、「RIOT」情報デザイン芸術学棟アートスタジオ、「042 art area project 2013 スーパーオープンスタジオ」清水工場/神奈川

2015

須永 健太郎 Kentaro SUNAGA

昭和56年生。玉川大学芸術学部彫刻専攻。
アクリル毛糸をワイヤーに入念に巻き付け、シンメトリーを漂わせ造形する「念形」考案。
四国・香川にある「とらまる人形劇研究所付属人形劇学校」に特待入学、操り人形の基礎を学ぶ。
自作楽器を主に演奏するバンド「須称山」を結成する

2012

清宮 拓海 Takumi SEIMIYA

中学生位からスケートボードをやっていて、その仲間と立ち上げたアパレルブランド「DAGARCI」の映像、デザイン担当。
昨年センター北の馴染みのお店で展示会をやっていたら、近くでアートプロジェクトのイベントをやっているのを見つけ、展示会終了後、夜中にコッソリ自分の作品をフェンスにくくりつけ、勝手に参加。それがきっかけで今年は正式に?参加させてもらいました。

2013

た〜と

高橋 和臣 Kazuomi TAKAHASHI/彫刻家

2009

高村 健志 Takeshi TAKAMURA

2009

立原 真理子 Mariko TACHIHARA

1982 茨城県生まれ。
2006 女子美術大学芸術学部洋画専攻卒業。
2008 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画修了。
「内側と外側」「彼岸と此岸」といった風景の中の境目の在り方や時間軸の境目をテーマに制作する。近作では網戸を支持体にしたインスタレーション作品を発表する。

2013 個展「戸とそと」藍画廊/東京、「あなたという私 - 双方向のコミニケーションで生まれるアート - 」Gallery COXIST-TOKYO/東京、「ゲンビどこでも企画公募2013展」 広島市現代美術館/広島
2014 個展「とおくの庭」Hasu no hana/東京、新世代への視点2014「庭と川」 藍画廊/東京、他

2015

田中 清隆 Kiyotaka TANAKA http://www011.upp.so-net.ne.jp/kiyota/

1959 東京生まれ。
1984 多摩美術大学大学院修了。
1984~1989 ㈱TLヤマギワ研究所勤務(ライティングプランナー)
1990~ フリーランス。アートワーク・ライトデザインを中心に活動。
「光」を素材とした立体造形作品を制作・発表。1986年以降、毎年(2003除く)個展開催。その他の(ディスプレイ・インテリア・イベント・ステージライティング・掲載誌・TV放映・他)多数。

2015

タムラ タクミ Takumi TAMURA http://www.mirrorbowler.com/

1956年 広島県うまれ
1981年 多摩美術大学卒業
2000年 ミラーボーラーとして活動開始

201220112010

tsutsumi.jpg堤 涼子 Ryoko TSUTSUMI https://www.facebook.com/ryoko.tsutsumii_https://twitter.com/tsutsumiryoko

東京都生まれ。多摩美術大学大学院 美術研究科博士後期課程美術専攻 修了。博士(芸術)。住まいの屋外空間における生活者によるデザインの実態とプロセスを研究テーマとする。日本民俗建築学会理事。フェリス女学院大学非常勤講師。一般財団法人 宮本記念財団研究員。多摩美術大学助手。


2018

鶴田 仲介 Shinsuke TSURUTA/建築家

熊工房 主宰

2008

D.H.ローゼン

2009

18813471_1907101232867039_6379587895305352541_n.jpg桃空 Tohku/書道家・篆刻家 https://www.facebook.com/tohkuSHODO/ https://twitter.com/rie_goto

長いブランクの方も、ほとんど毛筆で書いたことのない方も、ご相談ください。
篆刻初心者もお教えいたします。落款印のご注文も承ります。

(公財)日本書道教育学会 師範資格取得
尚古文会 会員 ※師 中村蘭台一門 柳濤雪

公財 日本書道教育学会「第66回書道学会展」(中国大使館/東京都/読売新聞社)漢字造型[一字書・少字数書]入選
一般社団法人 現代書作家協会(中国大使館 文化部 ・ 北京師範大学 書法系/公益社団法人 全日本書道連盟/一般財団法人 日本書写技能検定協会)

都筑アートプロジェクトは町を掘る ※このステートメントロゴの題字は、桃空 氏による書です。

徳丸 鏡子 Kyoko TOKUMARU/陶芸家

2006

顔写真.JPGとし田 みつ夫 Mitsuo TOSHIDA/アーティスト http://www.mitsuotoshida.com/index.html

1985年、スクール・オブ・ビジュアル・アーツ(SVA)修士後、アジア系米人芸術家ネットワークに参加。
「アジア/アメリカ」全米巡回展(1994)など数々の展覧会に出展。
1998年よりSVAの国際学生プログラム准ディレクター兼講師を経て、2005年帰国。現在は「Art Space赤い家」の運営ディレクター。
都筑アートプロジェクト運営委員。

toshida.png20182015201420132012


_KON8115.pdfトマソンズ Thomassons https://www.facebook.com/thomassons.duo/_http://blog.livedoor.jp/schizou/archives/51858058.html

赤瀬川原平が創出した「超芸術トマソン」に傾倒し路上観察を愛好する、阪本テツ(アルトサックス・ソプラノサックス・バスクラリネット)とジョヴァンニ・スキアリ(チェロ・ピアノ)による即興演奏ユニット。世代と音楽スタイルを超え、二人のダイアローグによる音の化学反応を追求している。






2018

な〜の

Naito_Imai.png内藤 泉 Izumi NAITO 青葉グリーンファーム(facebook)_ベッカライ 徳多朗(facebook)

青葉グリーンファームは、地産地消にこだわり、神奈川県内を中心とした地元野菜の直売を行なっています。
1990年創業のたまプラーザ駅の街のパン屋さん「ベッカライ 徳多朗」の店先でも有機野菜を販売しています。





横浜の農業

永岡 大輔 Daisuke NAGAOKA https://daisukenagaoka.jimdo.com/

Born: 1973, 山形県 山形市
Lives & works: 東京

イメージが生成される瞬間或は永劫回帰のプロセスをドローイングによって、絵画、
ヴィデオ、プロジェクト、ワークショップ等様々な形態で制作、発表している。

Solo
2012. hpgrp GALLERY TOKYO, “Reconstellation”, 東京
2011. hpgrp GALLERY TOKYO, “バス停/森/最も古い記憶”, 東京
2009. Yukiko Kawase, “読めない書物”, パリ
2009. hpgrp GALLERY TOKYO, “RING WONDERING”, 東京
group
2012. VOCA 2012, 上野の森美術館, 東京
2010. Project Fulfill Art Space, “Phase Transition of the Story”, 台北
2009. Galerija DUPLEX/10m2, “PROZOR JAPANSKOG VIDEA JAPAN VIDEO WINDOW”,サラエボ
2008. Bunkamura Gallery, “Bunkamura Art Show 2008 恐れから親しみへ”, 東京
other
2012. International Film Festival Rotterdam 2012, ロッテルダム
2011. 2011 Vancouver International Film Festival, バンクーバー
2011. Lausanne Undergroud Film & Music Festival, ロ-ザンヌ
2011. The 11th Seoul International NewMedia Festival, ソウル
2011. “Move on Asia, The End of Video-Art”, LABoral Centro de Arte y Creaci?n Industrial, ヒホン
2010. BAC! (Barcelona Art Contemporary Festival) 2010、バルセロナ

2012

中田 ナオト Naoto NAKADA http://naotonakada.jimdo.com/

1973年愛知生まれ。
2000年多摩美術大学大学院修士課程美術研究科修了。
やきものからやきことへ。象徴的なるものをめぐって世界の見方や社会との関わりについて考察し、美術と工芸、情報と実材を横断する表現を展開。自己に芽生えた衝動を、感覚とものと言葉の関係性をふまえながら、他のメディアとの融合によるハイブリッドな表現としてのやきものを通じて、「心」と「体」と「頭」の一連の運動により試していきたいと考えている。

2005 個展「−魔法使い−」ギャラリー東京ユマニテlab/東京
2008「The House 現代アートの住心地」日本ホームズ住宅展示場/東京
2009 個展「TWINS」SAN-AI GALLERY +contemporary/東京、「真夏の夢」椿山荘/東京
2010「DANDANS at No Man’s Land」旧フランス大使館/東京
2011「アーツ・チャレンジ2011」愛知県芸術文化センター/愛知
2013 個展「2011ミネアポリスへの旅」SAN-AI GALLERY +contemporary art/東京、「えねるぎぃ ふぉ あす –アーティストの視点から」ヒルサイドフォーラム/東京

2015200920082007

中西 亨 Akira NAKANISHI

1980年 岐阜県生まれ
2004年 沖縄県立芸術大学大学院 造形芸術研究科 環境造形専攻 彫刻専修 修了

2002年 When you see the future ( Huashan Arts District/台湾 台北市)
2004年 木の造形-木彫の魅力展- (浦添市美術館・沖縄芸大内展示室/沖縄県)
2006年 彫刻の五七五-かたちで詠む春夏秋冬-展 (那覇市民ギャラリー/沖縄県)
2007年 彫刻の五七五-かたちで詠む春夏秋冬-展 (那覇市民ギャラリー/沖縄県) 個展
2009年 中西亨 展 (ギャラリー現/東京都)

2010

西澤 亜純 Azumi NISHIZAWA/彫刻家

2007

は〜ほ

Shisei Hashimura Portrait2.jpg橋村 至星 Shisei HASHIMURA/アーティスト, グラフィックデザイナー https://www.behance.net/shiseihashimura

NYのThe School of Visual ArtsでBFA、New York University大学院で修士課程を修了してMAを取得、‘98年に帰国後アーティスト及びグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動中。Gallery Lara Tokyo(旧銀座九美洞ギャラリー)Gallery Side 2及びLaunch Pad Galleryで個展。グループ展国内外多数。横浜ハンマーヘッドスタジオ「新・港区」に2014年4月迄入居。2015年6~7月にアメリカ、サンタモニカのarena1 galleryで大規模な日本人アーティストのグループ展「花鳥風月:Flower Bird Wind Moon」 展に出品。2015年9月19日迄ポルトガル、セルヴェイラで「Bienal De Cerveira 2015」に出品中。東レダウコーニング・シリコーン株式会社大阪支社、スイス赤十字ベルン支社コレクション。

1997「アーバナート#6」佳作
1998「フィリップモリスアワード1998」
2001「第6回昭和シェル石油現代美術賞」
2007「Tokyo Illustration 2007」
2008「第12回リキテックス・ビエンナーレ」
2012「第6回iPhoneケース展2012」ロバート・ハリス賞
2013「SICF14」
2014「リキテックス・アート・プライズ2014」

raibow horse 120.png20182015

長谷川 創 Hajime HASEGAWA/彫刻家 http://www.tamabi.ac.jp/kougei/metal/staff_hasegawa_hajime.html

1977 東京都生まれ
2004 多摩美術大学大学院美術研究科工芸専攻修了
2004~ 多摩美術大学工芸学科金属プログラム助手

2007

久村 卓 Taku HISAMURA http://www.takuhisamura.com/index/top.html

20112008

深谷 晋 Susumu FUKAYA

20072006

藤井 志帆 Shiho FUJII https://www.ntu.ac.jp/research/kyoin/kodomo/kodomo/fujii_s.html

1972 千葉県千葉市生まれ
2003 多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻陶芸専修修了

2005 [藤井志帆展-空中の陶柱-] INAX ガレリアセラミカ新宿、東京
2008 [Part of life-夢にみる-] 巷房階段下、東京。2009 [Part of life-記憶のかけら-] 巷房階段下、東京。
2010 [Part of life-いつかどこかで-] 巷房階段下、東京

2010 DANDANS at No Man’s Land 在日フランス大使館、東京
2009 [TSUZUKI ART PROJECT 2009 ニュータウンピクニック-I 遺跡をめぐるアート] 都筑民家園、 横浜
2009 日常のこと-藤井志帆 長坂大紀-] seta-shop gallery、東京
2008 [都筑民家園アートプ ロジェクト vol.3 ニュータウン☆パラダイス-遺跡とマンションの間で-] 都筑民家園、横浜

201020092008

藤野 真生 FUJINO/ハープ・箜篌奏者

1961~1964 雨田光示、吉野篤子両氏のハープの手ほどきを受ける。
1964~1968 東京藝術大学別科、ハープ専攻。
        ヨセフ・モルナール氏に師事。
1968~1970 不二聖心女子学院ハープ教室担当。
1980~1992 横浜プリンスホテル・他でハープソロ演奏
2003~現在 藤野真生のペンネームで万葉の歌に作曲、箜篌を奏でながら詠唱している。

2007

フランシス 真悟 Shingo Francis http://www.shingofrancis.com/ja/

1969 カリフォルニア州サンタモニカ生まれ
1991 スタジオ・アート・センターズ・インターナショナル、フィレンツェ、イタリア
1992 カリフォルニア州クレアモント、ピッツァー大学にて美術学士を取得
2017 カルフォルニア州パサデナ、Art Center Collage of Design 美術学修士課程修了

2009

ペータ Peta Wet Plate Photo Studio/写真家, 湿板写真家 http://petaphotostudio.jimdo.com/

2014年活動開始。
160年前に生まれた写真技術、湿板写真による移動型写真館。

2015

宝珠 光寿 Mitsuhisa HOUSU/版画家 http://doumuhanga.jp/artists/housu.html

1966年 大分に生まれる。
1989年 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
2000年より東京近辺を中心に個展やグループ展を開催
同時に国内、海外の公募展に出品

不安になればなるほどその行き着く先に、滑稽さというか、笑いたくなってしまうような感情があると思っています。そんなものが表現できればと思っています。

2008

VOQ_MG_1887.jpgVOQ ボック/音楽家 http://organ-o-rounge.org/voq/

電子音と生楽器と歌声によって紡ぎだす、音楽家VOQ。エレクトロニカ・バンド《オルガノラウンジ》のボーカルHiroshi Hondaによるソロ名義。細野晴臣氏やアニエス・べーからも絶賛され、
今年、初のソロアルバム「YONA」を発売。2001年より、映像作家の松本力と、音と映像のライブパフォーマンスを継続している。音楽を美術にしたい、というVOQの音楽は、深い詩の響きで、心の広がりを観ようとする行為であり、それを越境しようと試みる。

20182015201420132012

ま〜も

松沢 結 Yui Matsuzawa http://komametayori.blogspot.com/

2008

chikara_mexico_10cm.jpg松本 力 Chikara MATSUMOTO/絵かき, 映像・アニメーション作家 http://chikara.p1.bindsite.jp/

1967年東京都生まれ、在住。1991年多摩美術大学美術学部GD専攻卒業。再生紙にコマ割りのドローイングを描き、透過光を加えビデオ撮影する独自の手法で「時間の絵」によるアニメーション的映像表現を目指す。異なる表現者との共同制作も多く、特に音楽家・オルガノラウンジやVOQ(本多裕史)との空間表現を国内外で行う。また手製映像装置「絵巻物マシーン」によるワークショップを学校や美術館などで積極的に実施している。

2017 個展:「48 Quantum of Solitude」市原湖畔美術館、千葉
2017「アブラカダブラ絵画展」市原湖畔美術館、千葉
2017「コマンドN 20周年企画 新しいページを開け!」3331アーツ千代田、東京
2017-2018「沖縄県立博物館・美術館開館10周年記念展 邂逅の海―交差するリアリズム」沖縄県立博物館・美術館、沖縄
2018 個展:「POTLUCK SCREENING:松本 力「本の話、本の町|Tale of Books, Town of Books」」港まちづくり協議会、港まちポットラックビル3F、名古屋
2018「Take Ninagawa 10th Anniversary:10」Take Ninagawa、東京

Night Watch_Sunflower in Yubari_for TAP_icon 120.png201820152014201320122011

mar_01.jpgMarcos Fernandes マルコス・フェルナンデス http://www.marcosfernandes.com

横浜で生まれたマルコス・フェルナンデスは、カリフォルニアで30年以上、パフォーマー、プロデューサー、キュレイターとして過ごしました。米国、カナダ、メキシコ、ポルトガル、 マルコス・フェルナンデス(ミュージシャン) 香港、日本の各地で、ソロのインプロバイザー、フォノグラファーとして公演し、またパーカッショニスト、 サウンドアーティストとしてさまざまなアンサンブル、ダンサー、ビジュアルアーティスト達と共演してきました。





2018

三村 伸絵 Nobue MIMURA/日本画家 http://n-tuyukusa.a.la9.jp/

1990年 日本画21世紀展グランプリ及び優秀賞
1991年 神奈川県美術展5回(-1995年)、青垣2001年日本画展
1993年 臥龍桜日本画大賞展4回(-1998年、J-BK賞及び奨励賞)
1994年 横浜三渓園財団設立40周年記念展
1995年 奈良松柏美術館花鳥画展、上野の森美術館大賞展賞候補
1996年 雪舟墨彩画公募展4回(-2002年、特選及び佳作、作品買上)
2000年 川端龍子賞展
2001年 平成12年度文化庁買上優秀美術作品に‘野遊(やゆう)’150号選出
2002年 文化庁現代美術選抜展
2004年 日、韓、中アジアの墨の文化交流展
2006年 アート上海2006
2009年 distance not applicable展(イスタンブール、トルコ)
2011年 みなとみらいYOKOHAMA展
2012年 アジア画廊芸術博覧会2012上海 招待
2013年 「木の名 草の名」挿絵原画展・ナガサキピースミュージアム
2017年 絵画の目 展

2007

武藤 亜希子 Akiko MUTO

1975年  千葉県生まれ
2006年  東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程油画満期修了

2003年 「道に迷う配達屋」(フタバ画廊:銀座)
2003年 「器のない池」(gallery J2:上野桜木)
2004年 「底が抜けた庭」(MUSEE F:表参道)
2009年 「その部屋の奥の行き止まりの入口」(Art Center Ongoing:吉祥寺)

2007年 団・DANS×CHANEL Pygmalion Days Special 現代アーティスト たちによる Le Monde de Coco(シャネル・ネクサス・ホール:銀座)
2008年 団・DANS -The House展-現代アートの住み心地(グループ展/日本ホームズ住宅展示場,東京)
2008年 JAPANESE CONTEMPORARY ART (Walk Akasaka, 企画 Nonaka,東京)
2008年 鎌倉芸術祭関連企画ー古民家をつなぐ物語 (鉢の木,去耒庵,井上蒲鉾 店,惣INOUE,OKASHI0467, 0467Hasekamicho)
2009年 越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2009(キナーレ,新潟)
2005年~2009年 サスティナブル・アートプロジェクト(旧岩崎邸等,東京)
2010年 DANDANS at No Man’s Land (旧在日フランス大使館, 東京)

2010

文殊の知恵熱

松本秋則 Akinori MATSUMOTO/不思議美術家 http://matsumotoakinori.com/

とうじ魔とうじ TOJIMA Toji http://www004.upp.so-net.ne.jp/toji/

村田青朔 Seisak MURATA/舞踏家 https://blog.goo.ne.jp/sanpo-sampo

2009

や〜よ

山下 若葉 Wakaba YAMASHITA https://www.facebook.com/wakaba.yamashita.7

1985年静岡生まれ
バンタンデザイン研究所卒業
あたしはキノコが大好きです。

201320122011

_L8C3129-Edit.jpg山本 麻世 Asayo YAMAMOTO/美術作家 http://www.asayo-yamamoto.com/_http://asayoyamamoto.blogspot.com

1980年東京都生まれ、在住。2005年多摩美術大学大学院美術学部工芸科陶コース卒業。2008年ヘリットリートフェルト・アカデミー陶芸学科卒業(アムステルダム)、2009年までサンドベルグ・インスティテュート、ファインアート学科(アムステルダム)に在籍。

2010 アーティストインレジデンス「IASK-アジアパシフィック・フェローシッププログラム」韓国国立現代美術館(ゴヤンアートスタジオ/韓国)
2011「六甲ミーツアート芸術散歩2011」彫刻の森美術館賞(神戸)
   「おおさかカンバス推進事業」(大阪)
2012 「新潟越後妻有トリエンナーレ第5回大地の芸術祭」《天道さま金ん網》を制作(新潟)
2015 「第6回大地の芸術祭」へその緒くぐりを制作(新潟)
2017 個展「川底でひるね」ギャラリー川船(東京)
2017「蔵と現代美術展」本丸御殿 (埼玉)

都築スケッチ 001.jpg20182012

山本 千尋 Chihiro YAMAMOTO https://www.chihiroyamamoto.net/

1 9 9 0  神奈川県川崎市生まれ
2 0 0 3  聖心女子学院初等科 卒業
2 0 0 6  聖心女子学院中等科 卒業
2 0 0 9  女子美術大学付属高等学校 卒業
現在、フランス パリを拠点に活動中

2 0 1 5  山本千尋 個展 / 石垣記念美術館(和歌山)

2 0 1 5  Windows | C.A.P STUDIO Y3(兵庫)/12の窓 | C.A.P STUDIO Y3(兵庫)
2 0 1 4  月刊美術デビュー2014 | フジヰ画廊,和田画廊(東京)
     トーキョーワンダーシード2014 | トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)
     THREE METHODS | C.A.P STUDIO Y3(兵庫)
     第10回全国公募西脇市サムホール大賞展 | 西脇市岡之山美術館(兵庫)
2 0 1 3  Le feu se réfléchit dans l’eau | Espace des arts sans frontiers(パリ)
     何してる大賞2013 | 姫路日ノ本短期大学(兵庫)
     宮本三郎記念デッサン大賞展 明日の表現を拓く | 世田谷美術館分館(東京)
     2013ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭 | 小松市立宮本三郎美術館(石川)
2 0 1 2  石垣記念館 絵画展2012 | 石垣記念美術館(和歌山)
2 0 1 1  横浜トリエンナーレ連携プログラム ニュータウン・ドリーミング〜遺跡とア—ト〜 | 遺跡公園,横浜市歴史博物館,都筑民家園(神奈川)
     next;隣の絵画と話すこと | 池袋cafe Lamp(東京)

2011

横山 飛鳥 Asuka YOKOYAMA http://www.amabiki.org/cn2/cn5/pg294307.html

1975 静岡県浜松市生まれ
1998 多摩美術大学油画専攻卒業/福沢一郎賞
個展、グループ展多数。光と空間を問うインスタレーションを作る。水、蓄光塗料、塩など、様々な材料を用いながらも、常に光に満ちた世界を作り出す。それはまるで海底から空を見上げるような。第4回雨引の里と彫刻で発表した《天空光》は、多くの注目を集めた。昨今は、海外のグループ展でも活躍。

2006

ら〜ろ

NPO法人りんぐりんく Ring-Link http://ring-link.org/

2007

Linda Dennis リンダ・デニス http://linda-dennis.com/

2009

わ〜

渡邊 淳 Jun WATANABE

平成4年 多摩美術大学大学院美術研究科 絵画専攻修了
現在横浜市立都田中学校 教諭

2010